猫の食事・トイレ・しつけ・ダニ駆除なんでも書く猫ブログ

伊勢や寝床飼い主がいる猫は家出をするはずはありません。

もし外に行って帰って来なかったら事故にあっている可能性があります。

もしかしたら保健所に捕まってるかもしれませんし、発情期で水を探しているのかもしれません。
そういう時は急いで動物病院夜保健所などに問い合わせて自分の猫が捕まっていないかどうか調べないといけません。

保健所で一定期間置かれると殺されてしまいますので、注意が必要です。

えさや何処そして飼い主がいる猫は

猫が眠い時はどんな動きをするのか

猫はよく寝ているのでいつも眠いのかなと思います。

がどんな時に眠たそうにするのでしょうか。

寝ること書いて猫と呼んだというふうないわれがあるほどよく寝る動物です。

家で飼っていても餌を食べている時間以外は寝ていると感じている方が少なくないのではないでしょうか。

ですので、眠い時にどんな仕草をするかというよりは仕草をする暇もなく寝てしまうという風にいった方が適切です。

しかし眠いときは足の先が温まるということがありそれが眠い時の仕草特徴というべきでしょうか。

あくびは起きる時にする実話にあくびは眠い時ではなく起きる時にします。

人間は眠い時にあくびをします。

が猫の場合は起きる時にストレッチをような感覚で深呼吸をする漢字であくびをします。

そして体を伸ばして動き始めます。

猫は死ぬとき姿を消すのか

猫は死ぬときに家の中にいなくなる外に入って死ぬという風にいわれています。

なぜなのでしょうか。

本当なのでしょうか。

実は猫は具合が悪くなってくると静かなところで療養しようとします。

そしてそこでうっかり死んでしまうと死ぬために姿を消したという風に思われてしまいます。

昔てあればなやや縁の下物置などによく猫はいなくなってしまいます。

がそれは静かに登場する時にたまたま死んでしまっただけだという風にいうことができます。

現在は現在は家の中で飼っている場合が多いですので、猫が死ぬ場所の家の中の場合が多いです。

だんだん動かなくなって寝る時間が長くなり死んでいくという場合が多いようです。

猫の年齢の見分け方

自分の飼っている親猫が産んだ赤ちゃんであれば年齢が正確に分かります。

が捨て猫を拾ってきた場合やもらった猫の場合はいつ頃生まれたのかというのが分かりにくいです。

猫の寿命は10年から20年で非常に答えによって差があります。

体が小さい動物ほど寿命が短いといわれています。

が猫の場合かなり長く生きたとしても20年程度が最高で多くの場合は12年程度で寿命を迎えます。

年齢がわからない場合目が開く場合が生後一週間それまでは目が見えません。

歯が生え始める生後1ヶ月ほど経つと歯が生え始めます。

生後3ヶ月後目が灰色から変わり始める1年後お店と同じ体格になる8歳を過ぎた頃から年を取って高齢期に入る歯が抜けたり体が硬くなって寝ることが増えたりします。

人間よりうんと早い成長人間は離乳するのは1歳過ぎですが、ねこの場合は1か月です。

人間が性成熟するのは15歳程度で猫は10ヶ月程度です。

つまり10倍から12倍程度早いということです。

猫の1か月後は人間の1歳のレベルに相当して猫の10ヶ月は人間の15歳ぐらいだと考えたら良さそうです。

すると20歳の猫は約100歳ぐらいになります。

8歳であればだいたい48歳高齢期に入ります。

12歳で64歳程度になります。

猫の年齢を大まかに推測するにはこのような表が使えます。

猫を室内で飼っていても問題ないのか

最近は猫や犬が飼えるマンションが増えています。

が家の中で飼っても大丈夫なのでしょうか。

犬は鎖に繋がれています。

が猫はふらふらと歩いています。

それで放し飼いをした方が良いのではないか室内に入れたままにしておくとかわいそうなのではないかと考える方もいるようです。

しかし猫は生まれた時から家の中で過ごす習慣をついているば外に出ることはなく特に外に興味を持つこともありません。

ですので、家の中でも十分に変えます。

運動が足りないのか運動不足になるということはないのでしょうか。

室内で飼ってる猫の場合家の中を自由に歩き回れるようにしていれば特に運動不足になることはありません。

子猫の時は活動が活発で家の中を走ったり飛んだりジャンプしたりする事が多いですが、だんだんとそのような動きもなくなってきます。

ベランダでも網戸越しに外の空気を吸うことは出来ますし、日光に当たることも行きます。

ですので、空気の入れ替えをきちんとして日光に当たるような場所を作っておけば特に外に出なくても大丈夫です。

外は危険虫を外に出す方がデメリットが大きいです。

まず放し飼いにすると病気をうつされることがあります。

そして交通事故にあう確率が非常に高くなります。

よく猫の死骸が道残っていることがあります。

がそれは飼っている猫が車に当たったのかもしれません。

自分の猫がそのようにならないです。

るためには家の中で締め切って飼っていた方が安心です。

犬は猫より寿命が長いといわれています。

それは体の大きい動物だからという風な自然の原理だけではなく犬は鎖に繋がれているので交通事故に合いにくく怪我をしにくいのに対して猫はふらふらと歩くので交通事故に遭いやすく寿命が短くなってしまうということも表しています。

ですので、猫を長生きにさせたいなら家の中で買った方がいいです。

また猫をよく思っていない方も中にはいます。

例えば庭に糞をしたり魚を取って行ったり8を倒したりするなど街中だと思っている方もいます。

ですので、そういう風に嫌われたりしないためにも室内で買っておいた方が良いのではないでしょうか。

野良猫は寿命が短いもうひとつ外で猫を飼わない良い理由に野良猫は寿命が短くて元気に育つ子が少ないということがあります。

なら猫は餌をやるとついてきます。

が大体は餌をもらうことはなく病気になったり怪我をしたりして死んでしまいます。

それで家の中で飼ってる猫より寿命がとても短いです。

ですので、買う気がなければ餌をやってはいけないですし、子供増やしてもいけません。

猫の子供は大きくならない子が多いのでたくさん産むというふうな支援の摂理もあります。

ですので、全部の命は救えないということは厳しい自然の掟だということもできます。

子猫を手に入れるところ

猫はどこで手に入れることができるのでしょうか。

それは欲しい品種によります。

有名な品種が欲しい場合はペットショップに行かないと購入できませんし、どんな猫でもいいという場合では保健所からもらうこともできます。

また猫を取り扱っているnpoなどもありそのような所からもらうこともできます。

また近所に入らない猫がいるというふうな情報が出たり張り紙がしてあったりすることもありそのような場合はその猫を育てるという手もあります。

猫の種類が決まったらどのような猫をどこで買うかを決めます。

猫を飼う時に必要なもの猫を飼う前に揃えておかないといけないものはキャリアバッグ餌入れ餌そして水そしてトイレです。

それ以外のものは何日か遅くそろえても問題はありません。

ペットショップに行った時は必ず立ち寄ってどんな餌や遊び道具があるが何度かチェックするといいでしょう。

猫が来る時の心得猫が家に来る時はどのそこに注意したらいいでしょうか。

まず初めて猫が来た日はゆっくり休ませることが必要です。

いじくりまわすないようにしてすみかを置いてあげて午前中に連れてくるのがいいでしょう。

そうすると家の中を歩き回ることも出来ますし、夜になるまで時間がかかるので慣れることもできます。

すぐに夜になってしまうと周りが見えませんし、家の中になれないので出来れば午前中に猫を持ってきましょう。

必要なものは深みがあってぐらぐらしないエサ皿人間用のものを代用してもいいですが、角が尖っていなくて舐めやすいものがいいでしょう。

トイレは部屋の隅など持たせるのに最適な場所において輸送するためにバックも揃えておかないといけません。

それ以外に爪とぎやノミ取り櫛そして薬は必要ですし、ブラッシング用のブラシは消臭剤なども必要になります。

しかしそれらは急に揃える必要なく徐々に揃えているので問題ありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ