ダニ捕りロボで本当にダニは取れるのか?取れたダニは見える?

ダニ捕りマット・ダニ捕りロボは日革研究所が販売している、家の中のダニを退治するためのダニ取りシートです。

ダニ捕りロボはシリーズ累計で1000万を突破している人気の商品で、満足度97%でamazonや東急ハンズでもナンバーワンを獲得しています。

ダニ捕りロボを使ったかたの口コミではアトピー性皮膚炎と鼻炎を持っていて布団乾燥機は布団クリーナーで週に1回掃除しても、夜に咳が出て眠れないぐらい大変だったのですが、ダニ捕りロボを設置してからは咳が治りつつあり布団を毎日干すこともできない集合住宅と生活楽になっています。

家事の手間も少なくなって、これからもダニ捕りロボを使っていきたいと思っています。

ダニ捕りロボの仕組みダニが好む食品の粉末を使ってないを誘引します。

ビール酵母食品添加物を調合しただけなので体への害はなく天然の誘引剤がダニを誘導します。

そして吸湿性のセラミックスがダニを乾燥させて殺します。

ダニ捕りロボはダニをキャッチたら逃さない
あたりの研究所で開発されたダニ退治マットレスなぜダニ捕りロボなのか

それはダニを乾燥させて捕獲するという仕組みがあるから日米特許取得していてダニ捕りロボに入っている匂いのする誘引剤がチリダニ集めダニを引き寄せマットに潜り込みます。

そうするとダニ取りマットの中で水分吸収されて物理的に乾燥してしまいます。

完走した死骸はそのままゴミ袋に入れて捨てるだけで燃えるゴミとして捨てられます。

効果は3ヶ月です。

ダニを安全な方法で誘導して吸湿性セラミックが体の中について脱水されて死亡してしまいます。

ダニ帯状せて関節乾燥させる方式は日本とアメリカで特許取得しています。

化学剤100円より毒性が低い皮膚に触れても炎症を起こさない遺伝子に影響を与えないという試験で合格しています。

急性経口毒性試験とは食品の安全性を確認する試験でネズミに食べさせた場合にネズミの半分を50%死亡する量のことをいいます。

数値が高い方が安全で毒性が低いということ塩分と同じ属性ということが分かっています。

クローズドパッチテストはかぶれの原因がそのその物質によって起こるかということを調べるものです。

ダニ捕りロボは安全?

長時間皮膚に触れてもかぶれることがないということが判断されています。

変異原性試験というのは化学品の安全性を確認するもので生態系や人体影響するかどうかを確認するものでダニ捕りロボは特に問題ないという結果が出ています。

そして効果は第三者機関で立証済みで製品たい入っているダニを100%退治するということが証明されています。

ダニ捕りロボの中でダニが増えてしまうダニの温床になってしまうということは絶対にないということが証明されています。

理科研究所はダニの生物的な研究を行って安全性が高いダニ退治対策を工夫して20年以上商品開発を行ってダニ捕りロボを生み出しました。

実際にダニが取れるか目視でチェックしていて毎年検証を行っています。

家の中庭ツメダニチリダニがいます。

粉表ダニはハウスダスト日本ダニを一つで爪ダニは人を刺してかゆみを押すダニということで知られています。

参照元:ダニ捕りロボでダニ駆除

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ