猫砂トイレ、ノミ退治、初夏の抜け毛対策

猫のトイレのしつけ

トイレの掃除はどのようにするのかおしっこやうんちが出たままそのままほったらかして1日や2日たってしまうは衛生上よくありません。

ですので、猫砂などを使って汚れた部分を絶えず取り替えていく必要があります。

たーいずと優香取り替えればにおいなどの問題も防ぐことは出来ます。

し大腸菌が繁殖するので不潔な状況も解消することができます。

トイレの取り替え具合は一匹だけ飼うのが5匹飼うのが大きい猫なのか子猫なのかなどによっても様々にあるのですが、猫の数や大きさに応じてトイレを用意しておく必要があります。

また臭いは自分で分からなくなっていることがあります。

長い間便の匂いと一緒にいると家がすごく猫臭くなっているのに分からない事があります。

ですので、たまに訪問してくれる友人などに頼んで正直に臭いを教えてもらうように頼みます。

猫のトイレは2つ用意しておいて一つをきれいに洗っている時にもう一つ御用達てもらえます。

一番下に新聞紙を置いておいたり新聞紙の家切ったものを混ぜと太りやすく消臭剤などもその上にまぶしておくといいでしょう。

猫砂が汚れたらその部分だけビニール袋に詰めて取り出して捨てます。

春から夏にかけて毛が抜けて困る

猫を飼っていれば誰でも悩むことですが、異常に多くの毛が抜けます。

特に春から夏にかけては掃除しても掃除しても取りきれないぐらいものすごい量の毛が出てしまいます。

ふわふわしていて空気中を舞うこともあります。

し歩いてる表紙に部屋の隅などからふわふわと出てくることもあります。

抜け毛の対策はブラッシングです。

毎日ブラッシングを行うことで抜け毛を掃除機で吸い取るよりは効果的な掃除ができます。

面倒ですが、朝と晩に猫のブラッシングを行って気を取るようにします。

そうすれば家中に散らばって家じゅうの掃除機をかけるという手間を無くすことができます。

ブラシは目の粗いもの細かいものなど様々な種類を用意しておいてどんなけでも対応できるようにします。

コロコロテープなどを使って抜け毛を掃除するのも大切猫を買ったら絨毯やマットレスなどはしかないほうがよくそのようなものをしてしまうと大量の毛がこびりついてしまいます。

ソファーなどはビニール式のものにして行かないと布製のものを使っていると人間が座っただけで猫毛だらけになってしまいます。

ノミの駆除方法

猫がひっきりなしに体をかいていません。

かもしかしたらゴミが入るのかもしれません。

ノミは成虫の場合春から夏にかけて沢山発生します。

寿命は6ヶ月ぐらいあってその間に200から400この卵を産みます。

卵は孵化した後幼虫になって脱皮を繰り返して成虫になって行きます。

夏の間の日はたくさん生まれ続けて冬になるとさなぎのまま冬眠してまた次の年に大量に発生するようになります。

しかしこれは自然界の話で家の中では部屋があったかいですので、ノミは一年中発生し続けます。

つまりのみの対策は一年中必要なのです。

ノミは血を吸って痒くなり猫が体をかきむしる原因となります。

さらに寄生虫などを徘徊してさらにはノミアレルギーなども引き起こす場合があります。

そうすると人間も痒くなったりするのでいっそを飲みたい場をする必要があります。

ノミ退治庭ノミを駆除するスプレーや薬などを使っていく必要があります。

さらに注射の薬もあって駐車の場合は6か月ぐらい水滴を落とすタイプであれば1か月有効でまた一か月だったら新しい薬を体につけます。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ